保湿成分とは記事一覧

保湿ジェルは肌の保湿に欠かせないスキンケア成分です。乾燥肌、敏感肌の人はもちろんのこと、加齢によって潤いが低下している人にとっても重要な意味を持っています。では市販されている保湿ジェルにはどういった成分が含まれているのでしょうか。保湿効果だけでなく抗酸化成分や肌の再生を助ける成分があるまず定番の保湿効果。代表的なものとしてはヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドが挙げられます。ヒアルロン酸はその優れた...

セラミドは細胞間脂質と呼ばれる成分のひとつです。セラミドは肌の保水力だけでなく、肌のバリア機能を維持する働きもある体内において細胞と細胞の間に存在し、水分や脂分を保持する働きを持っています。つまり保水力に優れているため、保湿成分としても大きな効果が期待できるのです。よく知られているように、肌の表面の角質層は角質細胞が幾重にも積み重なって成り立っています。その細胞同士をいわば結びつける役割を担ってい...

コラーゲンは保湿成分というよりも肌そのものの若々しさや健康を維持する上で欠かせない成分といってもよいでしょう。コラーゲンは肌のハリだけでなく、皮膚の再生機能の役割も担っているもともとこのコラーゲンは体内に存在しているのですが、肌だけでなく関節や骨、毛髪などにも存在しており、体そのものを作るうえで重要な役割を果たしています。詳しくいえばタンパク質の一種なのですが、体内に存在するタンパク質のじつに30...

保湿成分の中でももっとも有名なのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は安全性の高さだけでなく、体積の6000倍の水分を維持できる保水効果を持っている肌の保湿だけでなく、体全体の水分保持に役立つため、広く健康対策にも役立てられるようになっています。保湿成分としてヒアルロン酸が注目されている理由はおもに2つあります。ひとつはもともと体内に存在している成分であること。そのため安全性も高く、サプリメントやスキ...

保湿成分のひとつ、エラスチンはコラーゲンと密接な関係がある成分です。その最大の特徴はコラーゲンの線維をつなぎとめる働きを持っていること。エラスチンの効果ははコラーゲン繊維を束ねて、肌のハリを維持することコラーゲンは皮膚の弾力を維持するために網目状に線維を張り巡らせていますが、エラスチンがその線維同士を結びつける役目を持っています。つまりこの成分がなければコラーゲンがうまく機能しなくなるわけです。こ...